サーバ障害のお詫び

この度はサーバ障害により多大なご迷惑をおかけいたしました。

下記日時にて、レンタルサーバが障害によりサービス停止したことにより、

ホームページの閲覧(VR含む)、メールが停止しておりました。

2018年7月7日~9日

障害によるサービス停止のリスク回避のため、安定稼働に定評のあるレンタルサーバへ移行いたしました。

今後、安定したサービスを提供できるよう努めますので、今後とも宜しくお願い申し上げます。

CGの完成度 ~実写との比較~

建設前に作成したCGVRと実際に完成した物件の比較をご紹介いたします。

エンドのお客様も、CGの完成度を気にされることもあると思います。その際に、こちらの比較用VRをお使いいただき、お客様の不安解消していただければと思います。

 

まずは外観の比較です。(撮影時期が異なるので天気の差異はあります。)

———————【CG】————————————–【実写】—————–

————————————————————————————————

間違い探しみたいですね!

建築確認後にいただいた資料で作成しておりますが、その後に外構など仕様が変わってしまう部分もあります。そのあたりが差異として少し現れておりますが、ほぼ再現できていると思いませんか?

次も視点をかえて外観の比較です。

———————【CG】————————————–【実写】—————–

————————————————————————————————

ここまで再現できていれば、エンドのお客様も安心できますよね。

いい物件は完成前、もしくは完成後すぐに完売してしまいますので、購入迷っているお客様の後押しとして、”完成待つと売れちゃいますよ?”と少し焦らせるのも手だと思います。

立地〇、顔〇、設備〇 の物件ならCGで見せて完成前に売っちゃいましょう。

 

お次は、内観に移ります。

———————【CG】————————————–【実写】—————–

————————————————————————————————

まずは、リビングです。

細部までこだわり、照明の種類と位置、アクセントクロス。

しっかり表現いたします。

床の色味が違うと思いますか? 光の加減です!実写の方が暗いので濃く見えます!

 

次は、2階の洋室です。

———————【CG】————————————–【実写】—————–

————————————————————————————————

説明不要ですね。

 

次も洋室です。

———————【CG】————————————–【実写】—————–

 

————————————————————————————————

母屋下がりも、頂いた図面から再現いたします。

母屋下がりだけでなく、折り上げ天井や勾配天井も再現いたします。

折り上げ天井は、過去事例の中にいくつかあるので、探してみてください!

勾配天井は、現在受注してる案件にあるので、完成後に公開いたします。

お楽しみに!

 

今回紹介した比較VRは下記URLにて、ご覧いただけます。

全アングルに”before” “after”とあるので、クリックするとCGと実写と変わります。

https://fudosan-vr.jp/tour/kitaterao_all.html

 

気になる点がありましたら、お問合せフォームがトップページの最下部にあります。

 

お気軽にお問合せください。

 

また、電話番号とメールアドレスも会社概要に記載ございます。直接ご連絡いただいても問題ございません。

収益物件のVR化

収益物件もVR化をご紹介します。

完成前にCGでVR化するのは、戸建ならではという印象を持つ方もいらっしゃると思います。

収益物件でもCGによるVR化はメリットが多くあります。

売主様の場合は、戸建同様に完成前に販売することもありますが、
今後入居者募集する際は、居住中で内見できない状態でも、家具付きのイメージを提供できるので、迷っているお客様への後押しになります。
また、一度作っていただければ、入居者を募集する限りずっと利用できます。(類似物件での紹介にも使えます。)
収益物件の場合、遠方のお客様も多くいらっしゃるので、Web公開で来店してもらわずとも、内見いただくことも可能です。

 

紹介する事例は、構造にこだわりを持つ素敵なアパートです。
画面のピクチャだけでもインパクトありますね。

https://fudosan-vr.jp/tour/nisshin.html

VRマン登場!!

株式会社セルディビジョン様に不動産VRの広告チラシを作成頂きました。

インパクト“と”わかりやすさ“でお願いしたところ、、

 

!!インパクト大!! 

ゴーグルの向こうのドヤ顔が目に浮かびますね!

わかりやすい!!

 

表のインパクトで読み手を引き込み、

裏でついつい読んでしまう4コマでわかりやすい内容で、

不動産VRがどういうものか伝わると思います!

お気軽にお問合せください!

VRゴーグル 低価格で導入が容易

弊社のようにスマホを活用したVRは、スマホとVRゴーグルがあればどこでも利用できます。

VRと聞くと機器が高いというイメージが強いと思いますが、スマホを利用してVRコンテンツを利用できるVRゴーグルは安価です!

 

弊社の不動産VRは、スマホのWebブラウザでアクセスするだけで利用できるので、安価なVRゴーグルを使うことで、VR内見が可能になります。

※パソコンのWebブラウザで見ることもできます。

 

「来店特典にVRゴーグル渡すのも面白いね!」というお客様もいらっしゃいます。

VRゴーグルあれば、エンドのお客様が帰宅後に再度VR内見することもできる上に、Web上にある無料コンテンツを楽しむことでき、満足されること間違いありません。

ちなみに、持ち運びがしやすい、コンパクトに収納できるタイプがおすすめです!

この機会にVRゴーグルの価格など調べてみてはいかがでしょうか。

※VRヘッドセット(そのもの自体にVRを見せる機能、音、動きを把握する機能等が備わったもの)は高価です。

パース(不動産VRの画面の写真(スクリーンショット等))をWindows標準ツールで簡単に作成する

 

建築中の物件のチラシやWeb上に、あたかも完成しているかのような画像が貼付できたら、反響は増えます。

毎回異なるアングルのパースが貼付されたチラシが作成できたら、エンドのお客様は次はどのアングルが見られるのかと、来店すれば全部見られるのかと、集客も増えちゃいます。

 

不動産VRは、画面の写真(スクリーンショット等)を、パースとして活用することができます。(チラシやHP、ポータルサイト等)

 

 

しかも、簡単に取得できちゃいます!

 

 

保存された画像はパースとして使用可能で、外観・内観ともに作成することができます。

アングルは自由で、いつでも作成することができるので、チラシに貼るパースを毎回違うアングルにしたりすることもできます。

 

 

不動産VRは成約率アップするために、ハイクオリティのCGVRを導入し、エンドのお客様に未完成物件の詳細を見えるようにし、安心してもらうことで成約に結びつけることを目的として作られました。

集客アップは、VRを導入していることでPRする程度で考えられておりましたが、表現の自由により、画像をパースとして使用する。という発想一つで、集客率・反響率アップのツールとしても活用できるようになります。

 

考え方一つで、活用方法を見出せるので、まだまだ可能性を秘めています

カタログを表示することで、情報乖離を減らす

不動産VRはCGで建築中の建物の完成後を再現します。

エンドのお客様によっては、実際と異なるのでは?と

疑問に思われる方もいらっしゃいます。

 

そこで、キッチン、トイレ、バス等のカタログを表示させれば、

実際のものと遜色ないことが証明でき、

完成後にイメージの乖離がなくなり、

クレーム減少が可能になります。

カタログを表示するには、下画面内にある” i “をクリックすると、

その場所のカタログが表示されます。

カタログ1枚では足りないという場合は、Webカタログをリンクを飛ばすことも可能です。

 

本機能は、下記URLにて、実際に体験頂けます。

https://fudosan-vr.jp/tour/kitaterao_full.html

点滅している” i “はWebカタログのリンクになります。

 

※カタログの表示、Webカタログへのリンクは追加オプションになります。

 

見せ方の自由

不動産VRの見せ方の例をご紹介いたします。

外観にて更地(または工事中等)の状態と見比べられるよう、

“before” “after”ボタンを追加可能にしています。

 

1つ目の建設前の状態が確認できる要素ですが、

エンドのお客様より建てる前の状態を見たい

いうご要望が少なからずあることから、

追加しております。

下記URLで実際に閲覧できます。

https://fudosan-vr.jp/tour/kitaterao_full.html

更地も見れるようにする場合は、

発注前、発注後でも問題ございませんので、

ご連絡をお願い致します。

 

NEWS始めました

不動産VRをリリースしてから6か月となりました。

様々な情報提供ができるようにNEWSページを設けました。

不動産VRの新規機能や新規サービスのご紹介や、業界ニュースなどを投稿致します。

今後とも宜しくお願い致します。